フューネラルアパートメント

お別れに備えるご遺体安置・衛生保存施設

ご利用事例
フューネラルアパートメントのご利用事例を費用とあわせてご紹介いたします。
※掲載内容はフューネラルアパートメント川崎のご利用事例です。
例:「お葬式前のご安置に・・・」

スペースなどの問題でご自宅にはご安置できないお客様でした。式場も当日まで利用できず、もし利用したとしても、通夜当日まで面会ができないということでお困りになられていました。


通夜当日まで3日間のご安置をされました。ご面会は4回で、面会室のご利用は合計2時間30分でした。

項目 単価 数量 費用(円)
遺体安置料(24時間) 5,000 3 15,000
ドライアイス(10kg) 8,000 2 16,000
面会室利用料(30分ごと) 5,000 5 25,000
計(税別) - - 66,000

【担当者より】
フューネラルアパートメントをご利用いただければ、ご安置・ご面会の不安を解消できます。


父が亡くなった際に利用しました。家に連れ帰ることもできず、どうすればよいのかと思いましたが、フューネラルアパートメントで安置してもらえたので、助かりました。駆けつけた親戚にも、父とゆっくり会ってもらうことができました

例:「火葬日までの安置」

ご自宅にご安置できず、また、お葬式を行われないとのことで、安心して利用できる施設をお探しのお客様でした。


火葬日まで2日間のご安置となりました。火葬日当日に告別室でご納棺を行い、お別れの時間を過ごしました。面会室のご利用は2回、お別れを含めて1時間30分となりました。

項目 単価 数量 費用(円)
遺体安置料(24時間) 5,000 2 10,000
ドライアイス(10kg) 8,000 1 8,000
面会室利用料(30分ごと) 5,000 3 15,000
計(税別) - - 33,000

【担当者より】
フューネラルアパートメントでは、荼毘に付すまでの間、適切な管理の下ご安置することができます。
また、ご出棺の前に告別室でお別れの時間をとっていただくこともでき、火葬場だけでは十分なお別れができないというご不安にもお応えします。


祖母が亡くなった際に利用しました。遺体は火葬場で預かってくれるものと思っていましたが、棺に入っていないといけないと聞いて驚きました。納棺できる施設としてフューネラルアパートメントを紹介されましたが、安置もできるということだったので、安置もお願いしました。病院に来られなかった家族も寝ている状態で面会することができ、納棺にも家族が携われたので、良い供養になったと思います。

例:「エンバーミングを行い長期間の安置」

故人のご家族が海外にいらっしゃり、帰国してお別れの場にお集まりになるまで時間がかかるとのことでした。また、年末年始等で火葬場が混み合っており、長期間利用できる安置施設をお探しのお客様でした。


ご家族が帰国されてから火葬となり、ご安置期間は2週間でした。エンバーミングを行い、長期間の安置でも生前に近いお姿のままでご対面いただきました。
ご家族面会室のご利用は2回、合計で1時間でした。

項目 単価 数量 費用(円)
遺体安置料(24時間) 5,000 14 70,000
ドライアイス(10kg) 8,000 2 16,000
面会室利用料(30分ごと) 5,000 2 10,000
エンバーミング 150,000 1 150,000
計(税別) - - 246,000

【担当者より】
フューネラルアパートメントでは、遺体保管用の冷蔵庫を完備し、長期の保管にもご対応できます。
また、エンバーミングを行う事により、故人を生前に近いお姿に保つことができます。
※エンバーミングの費用はご遺体の状況やご要望により変動します。


父が亡くなった際に利用しました。兄がアメリカに住んでいて、すぐには帰ってこられないということで、長い間でも預かってもらえる施設としてフューネラルアパートメントを紹介されました。エンバーミングを行っていただいた方で安らかな父の姿を見ることができました。

お問い合わせはこちら
 

トップページコンセプト 衛生保全についてよくあるご質問その他安置施設 お問い合わせ